掃除するとこで変わる査定の評価額とは

MENU

査定の前の掃除で車の評価額はどれだけ変わるのか?

自動車査定はちょっとしたことで金額が大きく変わるものだけに、事前にできることは全てしておきたいものです。
そこで、自動車査定を受ける前に掃除をしておくことで、評価額は変わる可能性があるのかというとこれは十分に考えられるものになっているのです。
査定というのはしっかりとした基準があって行われるものですから、全く同じ状態のものがあれば見た目が汚かろうと内部が散らかっていようとも簡単な掃除で綺麗にすることができるのであれば、評価額に影響が出るものではありません。
しかし、中古車にはまったく同じというものが存在せず、査定をするのが人間である以上見た目の綺麗さというのは金額に影響を及ぼすことがあるのです。

 

まず、一番大きなポイントとしては車が汚らしくなっているとそれによって、減額されてしまう可能性があるということです。
基本的には簡単に落ちる汚れなどは査定に影響を及ぼしませんが、あまりに汚い車というのはどこかに問題があるのではないかとじっくりと細部まで細かく見られてしまうことになります。
車内が散らかっていれば、それだけ普段の扱いも雑なのではないかと判断をされてしまいシートなどにシミがついていないか念入りに確認をされてしまいます。
その結果、普段であれば見過ごされるようなほんのわずかなシミであったり、わずかなすり傷といったものであっても減額の対象になってしまうという可能性は無きにしも非ずなのです。
また、目に見える部分だけでなく目に見えない部分も減額とされてしまう可能性が出てきてしまい、普段から車の扱いが雑な人というのは車の運転も雑な可能性が高く内部の状態も悪いのではないかと判断されてしまう可能性が出てきます。
自動車査定では車をバラして中身まで確認をするわけではありませんから、内部の状態というのはその他の部分で推測をするしかないのですが、扱いが悪そうだと思われてしまうと当然相手も高い金額を提示しづらくなってしまい高査定を得にくくなってしまうことがあるのです。

 

このように自動車査定を受ける前に車を綺麗に掃除をしておかなければ、減額となってしまう可能性のあるポイントが増えてしまうことになるため、それによって数万円と買取金額が変ってくることもあるため査定を受ける前には軽くでも良いので車を掃除して見た目の印象だけで大きな減額を受けてしまわないようにしておくことで、安く買われてしまうことを防ぎ高く売ることができるのです。