車の査定前に車を洗車した方がよい?

MENU

査定前に車を洗うことの恩恵

自動車査定は車の金額が決まる大事なものですから、受ける前には査定が上がるようなことであれば手間を惜しまずになんでもしておきたいものですよね。
そこで、自動車査定前にしておくたいものの一つとして、車を綺麗に洗うことがあります。
綺麗に洗うことで車の見栄えを良くして、高査定を引き出そうというものなのですがこれは思っている以上に効果の高い方法でもあるのです。

 

まず、基本的には車の状態が同じであれば外観が汚れていようがいまいが、車の価値というものはかわるものではありません。
そのため、普通に使用をしていてうっすらとホコリがついているという程度であれば、洗車をすることの恩恵が無いということも十分にありえます。
しかし、実際には同じ状態の車というのは存在するわけが無く、見栄えによっても大きく金額が左右される可能性があるだけに、綺麗に洗っておいて損は無いのです。

 

まず、車を綺麗に洗うことにより利点というのは見栄えが良くなり、査定をする人の印象が良くなるという点にあります。
査定というのはポイントが細かく決まっているものの、個人の裁量による部分もあるので見栄えが良ければこの部分で金額がアップすることもあるのです。
次に綺麗にしておくことによって、車の傷などの状態をはっきりと確認することができるため、余計な減額の可能性をなくすことができるという点があります。

 

相手はプロであるため、いくら汚れていても減額の対象となるような傷や凹みを見落とすということはありません。
そのため、綺麗にしていようといまいとこの部分での査定は変わらないということになりますが、車が汚れていると傷や凹みを見落としやすくなってしまうため、相手としても見落としが無いようにしっかりとチェックをすることになります。

 

その結果として、本来であれば減額とまでいかないような細かな擦り傷程度であっても、減額の対象として扱われてしまう可能性も出てくるため、車を綺麗にしておいてこしたことは無いのです。

 

そして、自動車査定には目に見える部分だけでなく、見えない部分も判断しなければなりませんが、それは車の内部の部分でこのような場所は使用状況などから推測するしかありませんが、見た目が汚い車というのは普段の扱いも雑に扱われている可能性が高く、内部の状態も悪いのではないかと判断をされてしまい、査定額がアップしづらくなってしまうということがあるため、大事にしているアピールをする意味でも車を洗うことに意味はあるのです。