査定時のチェックポイント

MENU

査定時にチェックされる場所

車査定と言うのは車の買取を希望した時の査定であり、車の知識を持つ中古車販売店などの担当者が車を実際に確認をして買取り価格を決めるものとなります。

 

車を売却したい人は誰もが1円でも高く売りたいものです。
また、長年大切に利用した車で有る事からも、1円でも高く買取をしてくれる会社を探し、その会社に売却をしたいことからも、買取店は1社だけではなく数社に対して車査定を依頼し、一番高い査定額を提示してくれた会社に売却をするのが一般的です。

 

しかし、車を見てどのような形で買取価格を定めているのでしょうか。
車査定を依頼すると、数十万円と言う金額の差が生じる事も有ると言いますが、査定におけるポイントを知っておくことで高く売却することが出来ると言うメリットにも繋がってきます。

 

まず、査定時には車の外装や内装と言った見た目の部分を見て査定を行う事になります。
外観に傷がついていたとしても、外装部分が綺麗に磨き上げられていれば、日ごとから車を大切にしている人という評価を受けることが出来ます。
内装においても同じで、車内が綺麗な状態であれば、常に掃除をして清潔に保ちたい所有者であると言う事が伝わるわけです。
そのため、車査定を受ける前には外装や内装の清掃は必須と言えるわけです。

 

尚、機能的な部分と言うのは、エンジン周りや下回りなどであり、これらは自動車を実際に見て査定を行う事になります。
エンジンなどの場合は、査定時は実際にエンジンを動かしてみて、エンジンの調子などを確認していきますし、ブレーキやアクセスなどの働きが良いのかどうかなども確認していく部分です。
これ以外にも、エンジンオイル、バッテリー、修理履歴や改造パーツの有無などもチェックされる部分ですし、純正パーツが全て揃っているかどうかなどもチェックの対象となります。

 

因みに、純正パーツと言うのは自動車を購入した時に付いてくるパーツであり、車を購入した後にホイールを交換したり、カーステレオを交換した場合でも、元々車に付いていたものはそのまま残しておくことで車査定を受ける際には評価を高めることが出来ると言われているのです。

 

中古車として市場に出す時などは、中古車を買い求めるお客さんの中には純正パーツに拘りを持つお客さんも多いと言われており、純正パーツが揃えられているかどうかで査定額も変わると言います。

 

尚、車の外装などに付いた小さな傷は査定でもマイナスとなる部分ですので、コンパウンド等を利用して目立たなくしておくことで高く評価を受けることも出来ると言われています。