付属オプションの車査定額への影響

MENU

プラスになりやすいオプションとマイナスになりやすいオプションとは

車査定と言うのは所有している車を買い取ってもらう場合などに、その車の価値を査定してもらう手続きのことを言います。

 

中古車と言うのはまずは車種と年式で大体の相場が決まるのですが、中古車の場合にはそれぞれ何らかの問題を抱えていることが少なくありません。例えば多少ぶつけた傷があるとか、事故をしてしまった履歴があるとか、タバコを吸ったために車内にタバコ臭が残っている等の様々な条件は全てマイナス査定になってしまうのです。

 

しかし車が持っている本来の価値からマイナス査定する分については中古車取り扱い業者ごとに差があるのが一般的ですので、いくつかの中古車取り扱い業者に車査定を依頼するのにはこの様な意味があるのです。

 

その際に判断が分かれやすいのは新車には装備されていない様々なオプションの存在です。車を購入した後で個人的に購入してより自分好みの車にしてきた歴史がオプション装備になるのですが、一般的にはこの様なオプション装備はプラスで査定されるケースはあまりありません。

 

改造車と呼べるような特殊なオプションを装備している車両に関しては相当な費用をかけてオプション装備を充実させていることが多いのですが、残念ながらその様な改造に関しては車査定時にはほとんど無価値として評価されるのが一般的です。むしろ買取が出来なくなる場合すらあるというのが現状です。

 

日本における中古車市場と言うのは特殊な環境があり、中古であっても如何に新品に近いかが重要な要素になってくるのです。そのため新車には無い装備があるということはあまりプラス要素にはなりません。例外があるとすれば実用性が極めて高いカーナビゲーションシステムやETC車載器の装備などがあります。

 

これらは標準装備とも言えるほど普及している装備ですので少なくともマイナス査定にはなりませんし、新しいものであれば付加価値が付くこともあるでしょう。しかしこれはあくまでも例外的なものなのです。殆どの追加要素については価値なしであるか、マイナス査定の覚悟が必要であると言えるでしょう。

 

購入者側の気持ちになって考えてみるとその理由が分かります。追加で装備を整える人は、その過程にもそれなりの楽しみと考えを持って資金を投じているのです。そのためその様なことが好きな人であれば、同じ追加装備の購入をするにしても何もついていない新車状態から一つ一つ楽しみながらつけて行きたいと考えるものでしょう。そのため価値が高くなることは無いのです。