モデルチェンジと査定額の影響

MENU

モデルチェンジと査定額の影響

自動車査定を受ける際に気をつけておきたいことは、時期によって金額が大きく変わってくることがあり、わずかなタイミングで車の価値が大幅に安くなってしまう可能性があるということです。
そして、自動車査定で特に金額の影響が大きな時期というのがモデルチェンジが行われる時期であり、特に全面改良である古モデルチェンジとなるとそれまでのモデルの車の価値が大幅に下がってしまうことがあるのです。

 

新しいモデルが発売されるということは、それまでのモデルが旧式になるということであり型落ちになってしまいます。
誰もが古いモデルよりも新しいモデルが欲しいわけですから、新モデルの発表があるとそれだけ査定で不利になってしまうことがあるのです。

 

モデルチェンジの発表というのは事前に知ることができないものですが、そのモデルが販売されて4年近く経ってくればそろそろ新モデルの話しも出てくる頃になるため、このような時期に対象となる車に乗っていた場合、売却を考えているのであれば発表がされる前に売ってしまったほうが高く売ることができるのです。

 

このような情報は公表されてから徐々に車の価値が落ち始め、実際に新モデルが発売され市場に出回り始めると旧モデルが中古車市場に出回ることになり供給過多となるため、査定も大幅にダウンをしてしまうという流れが多いのです。

 

それでは必ず査定が落ちてしまうのかというとそのようなこともなく、稀に新モデルが旧モデルよりも評判が悪いことで清算が終了してしまった旧モデルの方が価値が出てそれ以前よりも相場が上がるということは絶対にないわけではありません。

 

しかし、このような旧モデルに希少価値が出ることを狙って売る時期を遅らせるということは不確実性の高いことであり、多くの場合には新モデルが出るというだけで査定額が下がってしまうため、売るのであればできるだけ早めのほうが良いということになります。

 

旧モデルの方が価値が上昇したというのはあくまでも結果論であり、たまたま売る時期が新モデル発売後だったけれど新モデルが人気が無いおかげで高く売れたという程度で考えておく必要があり、高く売ることを考えるのであればこのようなことは考えずにできるだけ早めに売ってしまったほうが査定額は高くなりやすいのです。

 

しかし、大事なことはあまりモデルチェンジによる金額の増減に惑わされずに本当に手放す時期にあっているかどうかを判断して、必要な時に売却をすることが重要です。