車売る査定項目

MENU

車売る際の車査定の内容とは?

中古車買取において、「高く車売る」という事を目指す為には「査定項目と高評価のポイント」を抑えることが非常に大切です。如何に人気の高い車種であったとしても、評価対象となる部分がしっかりとしていなければ買取価格は低くなってしまう可能性が高まり、本来の価値で買取ってもらうことが難しくなってしまいます。

 

基本的な査定項目となるのは、「見た目」、「エンジンの状態」、「足回りの状態」、「カスタム」です。基本的な考え方としては、「誰にでも評価される」という事が重要で、一部のユーザーにのみ受け入れられるようなものの場合は評価が低くなりがちです。

 

「見た目」に関してポイントとなるのは、「キレイさ」や「センスの良さ」などです。見た目のポイントは一概に評価することが多少難しい項目ではあるのですが、中でも重要なのは「誰が見ても良いと思えるかどうか」です。例えば、傷やへこみが無く、塗装やワックスなどの損傷が少ない車両ほど評価は高くなります。

 

「エンジンの状態」とは、基本的には「走行距離」が判断の基準となります。10万キロ走行している車両と1万キロしか走行していない車両であれば、当然1万キロの車両の方が評価は高くなります。基本的に走行距離は少なければ少ないほど良いのですが、例え走行距離が少ない車両であったとしても、空ぶかしやエンジンオイルの交換を疎かにしていたことで状態が悪い場合は、10万キロ以上走行している車両よりも評価が低くなる可能性はあります。

 

走行距離は非常に大きな判断要素であるとは言え、その他に付随する要因についてもしっかりと押さえておかないと高評価を得ることは難しくなってしまうため、日頃からエンジンの状態を良好に保つ為の努力をすることが高評価獲得のポイントです。エンジンオイル・エアフィルターの交換などは規定走行距離通りか、もしくはそれ以下でも使用環境などによって適切に変更していくことが重要です。

 

「足回りの状態」に関しては、「ブレーキパッドの残量」、「サスペンションの摩耗具合」、「ブーツやオイルシールなどの消耗品の状態」、「ロアアームの状態」などが評価に影響してきます。この部分に関しては、基本的な消耗品交換を行っていればそれほど評価が悪くなることは少ないのですが、メンテナンスを疎かにしてしまうと一気に評価が悪くなってしまうので十分に注意する必要があります。

 

特にブレーキパッドやブーツは、交換が遅くなってしまうと取り返しのつかない状態を招く恐れがあるので注意が必要です。ブレーキパッドの交換時期が遅れると「ブレーキディスク」に傷がついてしまったり、ブレーキディスクが歪んでしまうことがあります。そうなると、ブレーキパッドだけでなくディスク自体の交換も必要になってしまうため、評価は一気に悪くなります。また、ブーツの場合は大掛かりな交換が必要になってしまうリスクがある為、特に意識してメンテナンスしていく必要があります。

 

「カスタム」に関する評価ですが、これは「見た目」の部分でも触れている様な「誰にでも評価される状態かどうか」が大きく影響してきます。基本的に、カスタムに関する評価はノーマルに近いほど評価が高く安定する為、仮にカスタマイズしていたとしても純正パーツを大切に保管しておくことが大切です。純正パーツをしっかりと保管していた場合、例え評価されづらいカスタマイズを施していたとしても評価を維持することが出来る可能性が増します。

 

ただし、根本的な外観を変えてしまうようなカスタマイズ(バニングやワイド化など)の場合のような「公認車検」が必須となるような車両の場合は、例え純正パーツを揃えたとしても評価は下がる可能性が非常に高くなってしまいます。その場合、一般的な中古車買取業者では無く、専門的にそういった車種を取り扱っている買取業者や販売店などを利用して査定を受けることで評価を高めることが期待できます。

 

また、この他にも「年式」、「グレード」、「禁煙車」、「修復歴」なども大きな判断基準となってきます。年式は基本的に新しい方が評価が高くなりますが、一部の車種の様に特定の年式の評価が高いという事もあります。グレードに関しても同様で、新しいもしくは高い(ハイグレード)の方が評価は高くなりやすいですが、市場で人気があるグレードが評価も高くなりやすいです。

 

禁煙車かどうかについてはそれほど大きな評価ポイントではありませんが、喫煙車の場合はシートやエアコンなどに臭いが染み込んでしまうことが多い為、それらのメンテナンスに掛かるコスト分の評価が下がる可能性があります。

 

この中で特に意識する必要があるのは「修復歴」の部分で、これがあるかどうかで評価は大きく変わってきます。ただし、修復歴に関して適切な知識を持っていないと、本来は評価が下がる理由とはなり得ないもので評価が下がってしまう可能性があります。事前にしっかりと予習して、仮に間違った評価をされたときに間違いを指摘できるようにする必要があります。