事故車の定義について解説

MENU

事故車とは?その買取は可能?

現在使っている車が、買い替えなどによって、または利用する事が無くなって不要となった場合など、車を売却する事は最近では当たり前のこととなっています。
そんな時に、売却しようとする車がどれほどの価値をつけられるのか、どのくらいの値段で買い取ってもらえるのかが気にならない人はいないと思います。
では、車の売却価格は、どんな条件で変わるものなのか、売却した経験のある人なら、ディ-ラーを含めた買取業者から説明を受けているはずなのですが、その詳細を覚えている人もまた、そこまで多くは無いのでしょうか。

 

基本的に車査定は、初めて登録された年度、つまりその車の年式とグレードによって大きく左右されます。
もちろん、車の色、つけられている装備も含め基準となる価格が定められ、そこに走行距離やボディーの傷や汚れといった細かな程度が加味されて買取価格が決まります。
ただし、これらの条件に問題が無かったとしても大きく査定価格を下げる要因が有ります。
それは、事故車であるかどうか、といった事です。

 

査定に持ち込まれた車が、それまでに事故を起こしていたということになれば、その車の査定価格、つまり買取価格は大きく値段を下げる事となり、全く同じ条件の車と同じ金額での売却は不可能になるのです。
では、この場合の事故車とは、どのような車のことを言うのでしょうか。

 

日常利用している車であれば、些細な接触やボディーの傷、凹みといった損傷はあるのが普通でしょう。
例え目立たないものであったとしても、パッと見では気付かないような小さな傷であったとしても、ただ走っているだけで他車に跳ね飛ばされた小石やゴミなどによって傷つく事は、極当たり前のことなのです。
この、車査定における事故車とはもっと大きな損傷が有った車を言います。

 

走行性能を左右するような駆動系に及ぼす損傷であったり、車の骨格とも言えるフレームなどの歪ませるほどの接触などが有った車の場合、転売された後、その損傷が原因となる事故を惹き起こす可能性のあることから、事故車として扱われ査定価格を大きく下げる事となるのです。

 

不要となった場合、売却する事が当然に考えられる現代において、重大な事故に遭う事無く運転する事は、売却する段階になってその車の価値を高く留める事になるのです。
しかし、かといって売却のために車査定に持ち込んだ際、事故の有無を隠しておくことは決して好ましい事ではない事は覚えておく必要があるでしょう。

 

少しの知識と経験がある人間が見れば、その車が大きな事故の当事者であったかどうかは、容易く判る事なのです。