車売却の際の季節的によいタイミング

MENU

車売却の際の季節的によいタイミングは?

車査定を受ける場合、最低限知っておきたい車査定の知識が色々とあります。その中のひとつが、季節と売却のタイミングです。少しでも高い査定価格を出してもらいたいと考えることは当然ですが、そのためには、高く査定してもらうことが出来る季節とタイミングを知っておっことが、とても大切になってきます。ポイントをおさえておくことで、役にたてることが出来ます。

 

季節としては、車を高く売るためには、春の初めの頃が最もよいです。具体的には3月です。3月は新生活が始まるため、新しく免許をとった人が車を購入することが多い時期ですし、決算期でもあるため、市場がとても活発化します。需要が高くなるのです。また、年末もタイミングとしては、とても良いです。車は毎年1月1日に年式が古くなります。購入した月に関係なく年が明けると、年式は古くなってしまうのです。そのため、年が明ける前に査定を受けた方が高く売ることが出来ます。

 

決算時期やボーナスの時期に売却するという方法もあります。中間決算の9月と、本決算の3月に売るようにすると、需要が多くなっている時期なので、高く売ることが出来やすくなります。
車検が近くなってきている場合は、車検を通さずに車検前に売るようにした方が良いです。車検を通しても、車検費用が上乗せされることはないので、逆に損をしてしまいます。そのため、車検が近い車である場合は車検前に車査定をしてもらうようにしましょう。

 

モデルチェンジが近づいている場合も、注意が必要です。フルモデルチェンジは国産車の場合、4年から5年程度で行われます。マイナーチェンジは2年から3年程度です。モデルチェンジが行われると、古いモデルの車は売却しようとしても、査定価格が下がってしまう可能が高くなります。また、自分が乗っている車だけでなく、競合車のモデルチェンジもチェックしておくようにします。競合車に乗り換える人が増えた場合、市場に古いモデルの競合車がたくさん供給されます。そのため、自分の車の価格も下がってしまう可能性があるのです。モデルチェンジの時期になると、メーカーは広告などを出します。気をつけてチェックしておくようにしましょう。

 

このように、車査定を受ける場合、季節と売却のタイミングというものがあります。色々なポイントがありますので、しっかりとポイントをおさえて、最も高く売ることが出来る時期に、車査定を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

"